たかくくった欧州 コロナが助長する差別・分断
欧州総局編集委員 赤川省吾

新型コロナ
赤川 省吾
ヨーロッパ
Nikkei Views
編集委員
2020/3/18 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「いまや欧州がパンデミック(世界的な大流行)の震源地だ」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が名指しで批判する欧州。グローバル化で国境を越えた往来が盛んになっていたにもかかわらず、新型コロナウイルスの感染拡大を「アジアの問題」と傍観したのがいけなかった。静かに感染が広がっていく段階での判断ミスが傷を広げ、慌てて危機モードに転じた。欧州が犯人扱いされるようになった背景を探ってみよう。

■イタリ

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]