イオン、モール面積が百貨店を逆転へ 迫られる戦略転換

2020/3/18 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンの拡大が続いている。1997年~2020年2月まで社長を務めた岡田元也会長の下で積極出店に動き、20年に子会社イオンモールの総売り場面積は全国の百貨店(賃貸部分除く)を逆転する見通し。地域の消費活動を吸い上げて膨張を続けてきたが、電子商取引(EC)市場が拡大する米国ではモール閉鎖の動きが広がる。消費の主役交代の機運が高まるなか、3月1日に就任した吉田昭夫新社長に残された宿題は多い。

2月中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]