関電側、元助役関係企業からも 金品計260万円受領

2020/3/17 11:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力役員らの金品受領問題で、福井県高浜町の元助役(死去)が関係する企業からも関電社員らが直接、金品を受領していたことが17日、関電の第三者委員会(委員長=但木敬一元検事総長)の調査で分かった。受領は1990年代から2010年代に及び、16件が確認された。関係企業は関電の関連工事も多数受注しており、取引先との不適切な関係が改めて浮き彫りになった。

第三者委の報告書によると、元助役の森山氏らから…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]