/

ZHDが臨時総会、LINEとの統合関連議案を可決

ヤフーを傘下に持つZホールディングスは17日、東京都内で臨時株主総会を開き、10月に予定するLINEとの経営統合に関連する株式交換契約を承認する議案を可決した。経営統合が完了すると、ZHDがヤフーとLINEをそれぞれ傘下に収める形となる。

ZHDの親会社のソフトバンクと韓国ネイバーが5月から6月にかけてLINEに対しTOB(株式公開買い付け)を実施。LINEを非公開化した後に同社の全事業を引き継ぐ新会社を、株式交換によりZHDの完全子会社とする。ソフトバンクとネイバーの合弁会社に対価としてZHD株を割り当てるため、ZHDの一般株主の持ち株比率は55.4%から34.7%に下がる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ヤフーを抱えるZホールディングスとLINEの経営統合に関する最新ニュースをまとめています。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン