/

この記事は会員限定です

トイレ紙「蒸発」が映す物流ネック

かさばり安価・少量多頻度 需要増に対応できず

[有料会員限定]

SNS(交流サイト)で広まった誤情報をきっかけに店頭から姿を消したトイレットペーパー。製紙会社や業界団体は「在庫は十分」と強調したが、店頭の品薄は続いた。足元ではピークは過ぎ、落ち着きを取り戻しつつある。ただ、いつでも買えると思っていた家庭紙の「蒸発」で、「かさばるのに安い」「少量多頻度」など家庭紙の物流面での課題が改めて浮き彫りになった。

「3月第2週(2~6日)は本社の部長以下全員が物流セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1275文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン