シャープ、鴻海流に限界 研究開発も「合理化」
ビッグBiz解剖(上)

2020/3/17 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープの経営再建が踊り場を迎えている。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って3年半。黒字は定着したもののコスト削減による部分が大きく、新たな収益源が育っているわけではない。成長の種を創出する研究開発費など将来への投資はむしろ過去より減っている。無駄をそぎ落とし、利益を絞り出す鴻海流の経営手法は限界も見えてきた。

■コスト削減で黒字定着

「住宅ローンをまともに払えるようになった」。あるシャー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]