/

米NIH、新型コロナのワクチン治験開始

【ニューヨーク=西邨紘子】米国立衛生研究所(NIH)は16日、開発中の新型コロナウイルス予防ワクチンの治験がワシントン州シアトル市内で始まったと発表した。まずは6週間にわたり、異なる量の有効成分を配合したワクチンを健康な人に注射して安全性や有効性を調べる。ワクチン実用化への一歩となる。

新型コロナのワクチン治験がはじまった(写真は新型コロナウイルスのコンピューターモデル)=ロイター

治験段階に入った新型コロナのワクチン候補「mRNA-1273」は、NIHの一部門である国立アレルギー感染症研究所(NIAID)が米バイオ医薬企業モデルナと協力して開発した。

治験には18~55歳の成人45人が参加する。治験用のワクチンの製造にはワクチン開発を支援する国際組織、CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)の協力を得た。

NIAIDのアンソニー・フォーシ所長は先週、同ワクチンの治験開始時期について「数週間以内」と説明していた。実用化にはさらに12~18カ月かかるとの見通しも示していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン