米緩和も信用収縮止まらず、社債金利上昇 株価に打撃

2020/3/17 6:11 (2020/3/17 6:19更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=後藤達也】米国の信用収縮に歯止めがかからなくなってきた。米連邦準備理事会(FRB)は15日に信用緩和を含む緊急措置を打ち出したが、16日の市場では社債が売られ金利が上昇した。新型コロナウイルスが経済に与える打撃の大きさや期間を読めず、疑心暗鬼が広がる。FRBをもってしても収まらぬ信用収縮で世界株安にも拍車がかかっている。

16日はダウ工業株30種平均が一時3000ドルを超える下落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]