カナダ、外国人の入国禁止へ 米市民は当面除外

2020/3/17 3:53 (2020/3/17 3:58更新)
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】カナダ連邦政府は16日、同国の永住権や市民権を持たない外国人の入国禁止措置を設けると発表した。ただしカナダへの往来の多い米市民については当面、対象から除外する。欧州で拡大している新型コロナウイルスの自国内への流入を防ぐ狙い。

トルドー首相は外国人の入国禁止を発表=ロイター

トルドー首相は記者会見で「このウイルスの拡散をまだ遅らせることができる。人々を安全に保つためにあらゆる予防策を講じる時だ」と述べた。国外に旅行しているカナダ人は「まだそうすることができる間に」カナダに帰るべきだと語った。

例外措置として、カナダ市民のほか航空会社の乗務員、外交官、米国市民とその近親者は入国を認める。

カナダでは18日から、トロント、バンクーバー、カルガリー、モントリオールの4つの空港のみが国際便を受け入れる。トルドー首相は航空会社に対して「乗客全員への基本的な健康評価を義務付ける」とも述べた。この対象にはカナダ市民も含まれる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]