/

この記事は会員限定です

焼きと所作、両面で魅了 大阪のお好み焼き職人

匠と巧

[有料会員限定]

関西を代表する粉物、お好み焼き。老舗の千房で職人として20年以上カウンターに立ち、2018年からは商品開発のトップも務めるのが、富山忠宏さん(42)だ。見て美しく、食べておいしいお好み焼きの魅力を国内外から訪れるお客に伝えている。

大阪市・心斎橋にある千房の高級店「ぷれじでんと千房 オー・エム・ホテル日航ビル店」の個室。6席に囲まれた鉄板で富山さんがお好み焼きを焼き上げる。何種類もの食材が入った生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン