EUへの渡航禁止、域外から30日間 欧州委提案

ヨーロッパ
2020/3/17 1:05 (2020/3/17 4:01更新)
保存
共有
印刷
その他

EUのフォンデアライエン欧州委員長=ロイター

EUのフォンデアライエン欧州委員長=ロイター

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は16日、欧州で感染が拡大する新型コロナウイルス対策として、EU域外から域内への不要不急な移動を制限する計画を加盟国に提示した。期間は30日間とし、必要に応じて延長する。世界保健機関(WHO)から「欧州が震源地」と指摘され、ウイルスのおさえ込みに全力をあげる考えだ。

フォンデアライエン欧州委員長はビデオメッセージで「移動が少なくなればなるほど、我々はウイルスを封じ込められる」と述べ、不要不急の旅行や出張をやめるよう理解を求めた。EU域内の移動の自由を認める「シェンゲン協定」に加盟する非EUのスイスやノルウェーなども含まれる。

EU各国首脳は17日にビデオ会議を開く予定で、その場でこの提案を議論するとみられる。EU各国の国民や、EUに長期滞在する人たち、医師や看護師らの移動は認められるという。

EUの専門機関、欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、16日午前8時時点(日本時間同日午後4時)での欧州(英国など含む)の感染件数は5万1771で死者数は2316。イタリアが最も多く、スペイン、フランス、ドイツと続く。このまま感染が広がり続ければ、経済社会に大きな打撃を与えるのは確実で、異例の渡航制限に打って出る。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]