麻生氏「弾力的な資金繰り対応を」 全銀協会長に

2020/3/16 22:22
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務・金融相は16日夕、都内で全国銀行協会の高島誠会長らと会い、中小企業に対する返済期限の猶予や新規融資などの金融支援を要請した。新型コロナウイルスの感染拡大により、資金繰りを心配する企業が増えているためで「事業者の資金繰りをきめ細かく把握し、弾力的な対応をお願いしたい」と呼びかけた。

日本政策金融公庫の田中一穂総裁、日本政策投資銀行の渡辺一社長も同席した。麻生氏は6日にも金融機関に対して中小事業者への金融支援を求めていたが、民間と政府系の金融機関トップに直接要請することでさらなる対応を促した。

麻生氏は面会後、記者団に「年度末も重なり、資金繰りに関するいろいろな相談が来ている。雇用と事業の継続が大事だ」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]