救急車、ETC利用進まず 「一秒争う」搬送遅れ懸念も

2020/3/16 20:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

救急車が高速道路を走る際、多くの消防本部で自動料金収受システム(ETC)を使っていないことが16日、分かった。日本経済新聞社が主要52消防に取材した結果、ETC利用は約半数だった。長距離の搬送が少ないなど必要性に乏しいとみる地域があるためだ。未対応だと料金所の一般レーンの混雑時に通過に時間がかかる恐れがある。専門家は「重症者は一分一秒を争う。必要に応じて環境整備すべきだ」と指摘する。

国内に消防…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]