スターフライヤー、福岡―中部で一部減便 新型コロナ

2020/3/16 20:08
保存
共有
印刷
その他

スターフライヤーは16日、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が減っているため、新たに福岡―名古屋(中部)線でも23~25日に1日4便を減らすと発表した。同路線は1日6往復から4往復になる。今後も予約状況などをみながら減便や便数回復を判断していく。

同社はこれまで北九州―羽田の減便、北九州―台北(桃園)と名古屋(中部)―台北(桃園)の月内運休を公表している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]