東京の地価、住宅地上げ幅鈍る マンション買い控えも

2020/3/18 16:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省が18日に発表した2020年の公示地価(1月1日時点)で、東京都の住宅地は前年比2.8%上昇した。上げ幅が縮小した区が増え、住宅地の値上がりは鈍化した。23区のマンション価格が高くなり、買い控える動きも出ている。新型コロナウイルスの感染拡大による景況悪化が地価に影響を与える可能性もある。

23区の住宅地の上昇率は4.6%と、前年の上げ幅より0.2ポイント低くなった。上昇率のトップは荒川…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]