日立ハイテクマテリアルズ、4月に社名変更

2020/3/16 17:17
保存
共有
印刷
その他

日立ハイテクの完全子会社で先端部材を販売する専門商社の日立ハイテクマテリアルズ(東京・港)は16日、4月1日付で社名を「日立ハイテクネクサス」に変更すると発表した。同社はこれまで燃料や工業材料などの販売事業を主に手掛けてきたが、ITを活用したサービス提供が拡大していることを受けて、事業内容にあった社名へ変更することを決めた。

サービス分野では、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を工場へ適用して、顧客の課題解決を目指す。具体的には金型や化学物質の管理サービスを想定する。

「ネクサス」は「つながり」を意味する言葉で、商社の営業活動を通じて培った現場力で人や技術、企業間をつなぎ、価値を創造することを目指すという。

(佐藤雅哉)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]