東芝、ロボがビルのメーター検針 人為ミス減らす

2020/3/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝はロボット開発のスタートアップ企業、ミラロボティクス(川崎市)と組み、ガスや電気のメーターを検針するロボットを開発する。ビルの中を巡回し、メーターの数字をカメラで読み取る。ビルメンテナンスの省人化を進め、人為的なミスを減らす。インフラなど既存のビジネスにデジタル技術を融合させ、新たな市場を開拓する。

ミラロボティクスがタイヤや2本のアーム、センサーなどを搭載した自走式のロボットを手掛ける。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]