/

新築住宅、下落都市が大幅増加

中国主要70都市の2月

広州や天津などで2月の新築住宅価格が下落した(2月、広州市の住宅街での消毒作業)=ロイター・チャイナデイリー

【北京=原田逸策】中国国家統計局が16日発表した2020年2月の主要70都市の新築住宅価格動向によると、前月比で下落した都市の数は23と1月より8増えた。下落都市の数は16年1月以来、4年1カ月ぶりの高水準だ。広州、天津、重慶などが下落した。上昇した都市の数は21と1月より26減った。15年5月以来、4年9カ月ぶりの少なさだった。新型コロナウイルスの拡大で不動産売買が大幅に減ったことが響いたとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン