/

この記事は会員限定です

中国生体認証、頭からつま先まで 便利さ監視と紙一重

[有料会員限定]

顔全体、目、声、手のひら、歩く姿まで――。中国で今、人間の身体の様々な部分を使って人物を特定する「生体認証」が急速に広がっている。店舗や地下鉄などでは「顔パス」で支払いができる場所が増え、新型コロナウイルスの感染拡大対策にも使われるなど普及が進む。中国の監視社会を助長するともいわれる生体認証。最前線を追った。

「そこのタブレット画面に、あなたのおでこを近づけてください」。2月下旬、中国南部の中核都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1811文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン