地元企業もMICE客に門戸を開放 シンガポール
IRの実像 番外編(3)

インバウンド
2020/3/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2010年に国内2カ所で統合型リゾート(IR)が開業し、国際会議や見本市などの「MICE」の誘致に磨きをかけるシンガポール。IR開業前からMICEの先進国として知られる同国では、交流の場を見本市会場内だけにとどめない。世界的な国際会議や見本市の開催期間には地元企業なども門戸を開放し、MICE客が自由に訪れることができる仕組みがある。

19年11月にシンガポールで開催された世界最大のフィンテックや…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]