/

この記事は会員限定です

地元企業もMICE客に門戸を開放 シンガポール

IRの実像 番外編(3)

[有料会員限定]

2010年に国内2カ所で統合型リゾート(IR)が開業し、国際会議や見本市などの「MICE」の誘致に磨きをかけるシンガポール。IR開業前からMICEの先進国として知られる同国では、交流の場を見本市会場内だけにとどめない。世界的な国際会議や見本市の開催期間には地元企業なども門戸を開放し、MICE客が自由に訪れることができる仕組みがある。

19年11月にシンガポールで開催された世界最大のフィンテックやス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン