/

「岩手県産品の購入を」 新型コロナ受けキャンペーン

岩手県は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、需要が急減している県産品の購入を県民に促すキャンペーンを始めた。県内では小中学校の臨時休校で学校給食用の牛乳約66万本が出荷停止になるなど大きな影響が出ており、達増拓也知事は「地産地消で県内生産者や事業者を応援しよう」と呼びかけた。

牛乳を一斉に飲むパフォーマンスで県産品の購入をアピールする達増知事(右から3人目)ら(12日、岩手県庁)

達増知事らによる「スタートアップセレモニー」を12日に県庁前で開催。県内の商工や農林水産関係団体の幹部や県職員ら150人が参加した。達増知事は訪日外国人客の減少やイベントの自粛、臨時休校により、牛乳や花きなどの県産農畜産物の消費が急減し、農家らが苦境に陥っている現状を説明。県産品の購入を呼びかけた。

その後、セレモニーの参加者が並んで牛乳を一斉に飲むパフォーマンスなどを行った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン