AI問診、山口・防府の病院が導入 医師の事務負担軽減

2020/3/16 14:35
保存
共有
印刷
その他

山口県防府市の三田尻病院は紙の問診票に代えてAI(人工知能)を使った問診システムを4月から導入する。医師の事務作業を減らし、患者の診察に集中できるようにするのが狙い。同システムを導入するのは県内では初めてで、中国地方では岡山市の岡山旭東病院に次いで2番目という。

AI問診システムはベンチャー企業のUbie(東京・中央)が開発した。紙の問診票の場合、患者が待合室で記入した内容を医師が口頭で確認して診察した後、電子カルテに入力する。また質問項目も定型的だが、AI問診システムは患者の回答に応じて次の質問が変わり、回答は専門用語に変換されて医師のパソコンに表示される。

三田尻病院では導入により「問診にかかる時間が3分の1に短縮され、医師の業務負担も軽減される」とみている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]