/

この記事は会員限定です

移民大国カナダで中国人留学生が減少

ニューヨーク 高橋そら

[有料会員限定]

カナダに留学する中国人学生の数が伸び悩んでいる。2018年に国籍別の留学生数でインドに抜かれ、19年はわずかながら減少に転じた。カナダは寛容な移民政策を掲げてきたが、最近では中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部のカナダでの逮捕や同国でも関心の高い香港での大規模抗議活動など、加中関係をぎくしゃくさせる問題が山積みだ。緊張が長引けば、教育機関の人材交流にも影響が出かねない。

「香港での民主化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1945文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン