/

NYダウ先物下落で始まる 下げ幅は一時1000ドル超

【ニューヨーク=宮本岳則】米国東部時間15日午後(日本時間16日早朝)の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で売買が始まり、ダウ工業株30種平均など株価指数先物が下落した。ダウ平均を参照する先物「Eミニ・ダウ先物」の3月物は前週末の清算値からの下げ幅が一時、1000ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)が同日午後に利下げを決定した。金融緩和で景気を下支えする姿勢を示したものの、市場では事前に利下げが予想されており、材料出尽くし感で売られたようだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン