NYダウ先物下落で始まる 下げ幅は一時1000ドル超

2020/3/16 7:22
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米国東部時間15日午後(日本時間16日早朝)の米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で売買が始まり、ダウ工業株30種平均など株価指数先物が下落した。ダウ平均を参照する先物「Eミニ・ダウ先物」の3月物は前週末の清算値からの下げ幅が一時、1000ドルを超えた。米連邦準備理事会(FRB)が同日午後に利下げを決定した。金融緩和で景気を下支えする姿勢を示したものの、市場では事前に利下げが予想されており、材料出尽くし感で売られたようだ。

米株式市場は不安定な値動きが続いている(ニューヨーク証券取引所)=AP

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]