/

トランプ氏、新型コロナ陰性 大統領主治医が報告

【ワシントン=中村亮】米ホワイトハウスは14日、新型コロナウイルスの検査をめぐり、トランプ大統領が陰性だったとの結果を発表した。13日夜に検査を実施し、その結果を大統領専属の主治医が報告した。トランプ氏は新型コロナに感染していたブラジル政府高官が出席した会合に参加しており、検査結果に注目が集まっていた。

トランプ氏は14日の記者会見前に体温を測り、異常はなかったと説明した。当初は新型コロナの検査を受けないとした方針を覆した理由について「(感染の有無に関し)メディアが気が狂ったように問い詰めてくるからだ」と語った。

トランプ氏は感染が確認されたブラジル政府高官と接触したことに関して「私は彼が誰だか知らない」などと指摘し、感染の心配はないと主張していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン