インドネシア、運輸相が新型コロナ感染

2020/3/15 0:21
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア政府は14日、ブディ・カリヤ運輸相(63)が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。詳しい容体は明らかにしていないが、息切れのような症状があるという。保健当局がジョコ大統領や閣僚、高官などとの接触の有無を追跡調査している。

インドネシアのブディ・カリヤ運輸相=ロイター

プラティクノ国家官房長官が14日、家族の同意を得て発表した。容体は「次第によくなってきている」としている。当面、運輸省を所管するルフット海事・投資担当調整相が運輸相代行を務める。

ブディ氏は11日にはオランダの閣僚と会談するなどしていたが、ここ数日は公務で姿を見せていなかった。運輸相の特別補佐官は13日、国営アンタラ通信に「チフスとぜんそくの症状で入院している」と話していた。一部報道ではこうした症状が約2週間続いていたという。

インドネシアでは14日までに96人の感染が確認され、5人が死亡した。首都ジャカルタ以外にも、バリ島など幅広い地域で感染者が出ていて、感染の急拡大が懸念されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]