関電金品受領、民事・刑事で責任追及の動き

社会・くらし
2020/3/15 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西電力に対する責任追及の動きは、民事と刑事の両面で活発化している。株主が会社を代表して役員らの法的責任を追及する「株主代表訴訟」を模索する動きがあるほか、幹部らの刑事責任を問う告発状も検察に提出された。責任の所在を明らかにすることは容易ではなく、刑事責任追及へのハードルは高いとの見方もある。

民事責任では、株主代表訴訟における役員らの追及が焦点の一つだ。

東京や大阪などの個人株主が2019年1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]