/

この記事は会員限定です

関西電力に電化率24%の2040年を支える覚悟はあるか

[有料会員限定]

2020年のエネルギー業界は数多くの試練に直面している。スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが脚光を浴びる一方、燃焼時に温暖化ガスを出す化石燃料には冷ややかな視線が注がれる。二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力発電所への批判は特に強い。大阪ガスの尾崎裕会長は「いずれ天然ガスにも矛先が向く」と懸念する。

逆風を受ける化石燃料だが、国際エネルギー機関(IEA)が19年11月に公表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン