/

AKB運営会社元社長 22億円申告漏れ

アイドルグループAKB48などを運営する「AKS」(東京・千代田)の窪田康志元社長が東京国税局の税務調査を受けて株式の譲渡益を巡って、約22億円の申告漏れを指摘されていたことが14日、分かった。所得税の追徴税額は過少申告加算税を含めて約4億円とみられる。既に修正申告をしたもようだ。

関係者によると、窪田氏はアイドルグループ「乃木坂46」の運営に関わる会社の株式を保有していたが、妻の名義にした後、遊技機メーカーに譲渡したという。窪田氏はこのメーカーから借入金があり、相殺する取引だったという。

東京国税局は、実質的には窪田氏が株式を売却した代金で借入金を返したと判断。売却時点で所得があったと認定したとみられる。意図的な不正ではないとして、重加算税は課されなかった。

窪田氏は2006年にAKSを設立し、14年に社長を辞任している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン