カナダ中銀が緊急利下げ、1.25%から0.75%に

2020/3/14 7:48
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】カナダ銀行(中央銀行)は13日、緊急利下げを実施すると発表した。政策金利である翌日物金利の誘導目標を1.25%から0.75%に引き下げた。カナダ中銀は今月初めの金融政策決定会合でも0.5%の利下げを実施していた。新型コロナウイルスの拡大や原油価格の急落がカナダ経済に打撃を与えているためだ。

カナダ中銀は新型コロナの拡大を受け緊急利下げした=ロイター

カナダ中銀は声明で「原油価格の下落がエネルギー産業の集中する地域の経済に大きな影響を与える」と指摘した。新型コロナの拡大も懸念材料で、すでにカナダ政府は10億カナダドル(約780億円)規模の基金を発表し、追加の対策を検討中だ。カナダ中銀のポロズ総裁は「本日と来週に取り組む重要な措置は非常に強力なパッケージだ」と説明した。カナダ議会は予防策として、4月20日まで停止する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]