イタリア金利急騰、新型コロナで債務懸念再び

2020/3/13 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=篠崎健太】新型コロナウイルスの感染が深刻なイタリアの債務に、金融市場で警戒感が再び高まってきた。12日の欧州市場ではイタリアの10年物国債利回りが一時1.91%と、前日の1.18%から急上昇(債券価格は下落)した。ヒトの移動制限や店舗の閉鎖により経済活動が全土で滞り、財政や企業財務の悪化を織り込む債券売りが広がってきた。

イタリアの10年債利回りは2019年7月上旬以来の水準に浮上し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]