6/1 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米低格付け企業に逆風 ローン担保証券が新規発行減[有料会員限定]
  2. 2位: 大戸屋、対コロワイドで成長戦略 株主総会でどう判断[有料会員限定]
  3. 3位: ダイフク、上場来高値を支える3つの「D」[有料会員限定]
  4. 4位: AI運用、コロナ危機後に覚醒するか[有料会員限定]
  5. 5位: 総裁発言も変化 コロナ前に近づく日銀ETF購入[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,968,269億円
  • 東証2部 64,622億円
  • ジャスダック 90,925億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.67倍24.41倍
株式益回り5.35%4.09%
配当利回り2.06% 1.29%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,877.89 -38.42
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,810 -220

[PR]

スクランブル

フォローする

不動産急落に透ける五輪リスク 資産価格の下落織り込む
証券部 和田大蔵

2020/3/13 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全面安となった13日の東京株式市場の中で、目立ったのが不動産株や不動産投資信託(REIT)の下落だ。代表的な指数はそれぞれ約1割下げ、保有資産の価値を大幅に下回る銘柄も続出した。実物不動産の価格を過小評価するような動きは、トランプ米大統領が延期に言及するなど東京五輪の動向について株式市場も意識せざるを得なくなってきたことを示している。

13日は取引開始後も値が付かない不動産株が相次いだ。9時19…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム