関西の外食ホテル、新型コロナ5割超減収も 56店舗調査

2020/3/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で関西の外食やホテル、百貨店など大半の業種が苦境に陥っている。日本経済新聞社が関西の56社・店舗を調査したところ、3月初旬の売上高が前年同期比で減少したのは48件で、このうち減少率が「5割以上」と回答したのが17件に上った。増加は日用品の買いだめの動きがあったホームセンターなど一部業種にとどまった。

首相による大規模イベントの自粛要請などの影響があった3月1~8日の売…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]