稼働原発、年内に半減 テロ対策遅れで4基停止へ

2020/3/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府がエネルギー供給や温暖化対策の柱に据える原子力発電所が2020年内に相次いで停止する。原子力規制委員会が課すテロ対策施設の完成期限を守れず、3月以降に九州電力、関西電力の4基が順次止まる。裁判所の仮処分で運転差し止め中の四国電力の1基を含めると停止原発は年内に最大5基に達し、稼働可能な原発は9基から半減する。基幹電源と位置づけながら安定した運転には程遠く、エネルギー政策がうたう最適な電源構成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]