/

この記事は会員限定です

長野県内クラフトビール醸造所、市場活況で設備投資相次ぐ

[有料会員限定]

長野県内のクラフトビールメーカーで設備投資が相次いでいる。ヤッホーブルーイング(軽井沢町)は2020年秋に御代田町に本社機能を移し、今後の社員の採用増に備えて広いオフィスを構える。オラホビール(東御市)は製造設備を刷新し、生産能力を2倍弱引き上げる。女性などを中心に市場が拡大するなか、各社は設備投資を弾みに収益拡大を目指す。

現在、ヤッホーは佐久市に営業職などのオフィス機能をもつ。社員数は130人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン