株安追い打ち、動揺続く 中部ドキュメント

2020/3/13 19:30
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響が、中部地域で日増しに強まっている。13日は日経平均株価が大幅安となるなど、市場の動乱も消費者心理の悪化に拍車をかける。コロナ対策に奔走する企業や自治体の動きを追った。

中部企業の株価も値を下げた(13日、名古屋市中区)

午前9時 12日の米ダウ工業株30種平均が過去最大の下げとなり、13日は日本株も大幅安で始まる。トヨタ自動車株は10分近く売り気配のまま。日経平均の下げ幅は一時1800円超に。

午前10時・名古屋駅 東海道新幹線ホームの人はまばら。名鉄百貨店の午前の来店客数は通常時より4割減り、担当者は「本来なら春物の売り出しシーズンだが、出足はどんと悪い」と嘆いた。

午前10時半・名古屋証券取引所前 「株安はどこまで」「底が見えない」。下落を示す緑色の数字が並ぶ株価ボードを見つめ、愛知県犬山市の会社役員の男性(62)は眉間にしわを寄せた。株の売買と年金が生計の頼りという名古屋市中区の女性(85)は証券会社に向かう途中で引き返した。「底値が見えず取引できない」

午前10時45分ごろ・三重県庁 鈴木英敬知事が緊急経済対策を発表した。中小企業支援や介護施設の感染予防などを柱に約11億円の事業規模となる。「強い危機感を持って迅速に対策を実行する」

午前11時・日銀名古屋支店 日銀名古屋支店の定例記者会見が始まる。感染防止のため記者席は普段よりも間隔があけられていた。同支店は3月の総括判断を4カ月ぶりに下方修正した。清水季子支店長は「感染拡大が終息するまで厳しい状況が続くことを覚悟する必要があるが、終息すれば東海経済は再び力強さを取り戻す」と強調した。

午後1時30分・名古屋市 「結婚式の延期が止まらない」。日本経済新聞社の取材に応じた結婚式場運営、ブラスの河合達明社長は悲鳴を上げた。3月に入って数百件の式が延期になったといい、「こんなことは創業以来初めてだ」と話した。

午後2時・名古屋市 JR東海が東海道新幹線の運休を発表した。出張自粛や観光客の利用減を受け、「のぞみ」を1日最大27本取りやめる。帝国データバンク名古屋支店が発表した新型コロナに関する愛知企業の意識調査によると、7割弱の企業が業績に「マイナス影響がある」と回答した。調査は愛知県の企業1434を対象に2月14~29日に実施し、624社から回答を得た。

午後2時・小牧市 製パンのコモが生産調整会議を開き、土日の工場稼働を決めた。小中学校の休校や外食離れによるパン需要の拡大に伴う措置で、一部で欠品するクロワッサンを製造する。2週連続の土日生産になる。

午後2時20分 南山大学が4月1日に予定していた入学式の中止をホームページで発表した。連日、学内の会議で開催の可否を話し合ってきたが、政府による自粛要請の延長などを受け、「これ以上検討を続けても結論は変わらない」(学長室担当者)と判断したという。4月1日付で就任する米国出身、ロバート・キサラ新学長は「新入生の安全安心を最優先に考えた。残念でならない」とのコメントを出した。

午後3時 日経平均は前日比1128円安の1万7431円で終えた。3年4カ月ぶりの安値。

午後3時・名古屋証券取引所 婦人衣料のクロスプラスが2021年1月期の連結売上高は前期比4%減の560億円になりそうだと発表した。中国での生産遅延と国内販売の減少が響く。1月時点の社内計画では3%増を見込んでいたが、新型コロナが40億円の減収要因という。山本大寛社長は「商談の取りやめなど影響が広がっている」と警戒する。

午後3時ごろ・名古屋市 名古屋トヨペット東新町店で、愛知県清須市の主婦(41)が4月に就職する息子のためにプリウスの購入を決めた。「新型コロナウイルスは気になるが、就職祝いを買いに来た。決算期なのに他にお客さんがいないね」と周囲を見回した。

午後3時30分・名古屋市役所 新型インフルエンザ対策特別措置法の対象に新型コロナが追加されることを受け、河村たかし市長など市幹部ら50人超が集まり対策会議を開いた。河村市長は「市には緊急時のために財政調整基金が100億円ある」と述べ、経営環境がさらに悪化した際に追加支援を検討する考えを示した。

午後5時30分・愛知県公館 大村秀章知事が記者団に改正法について「(緊急事態宣言は)相当な制限がかかる。劇薬なのは間違いない」とし、「そうならないよう現場でしっかりとやっていく」との見解を示した。株価急落には「世界、日本経済への影響は甚大」とし、「対策のベースは感染拡大防止。名古屋のクラスター(小規模な感染者集団)を押さえ込んでいく」と述べた。

午後6時ごろ 英、仏などの欧州株式市場では買い注文が先行。主要指数も反発して始まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]