/

この記事は会員限定です

トヨタ担当いても自動車バンカー不在 縮む日本のM&A

証券部 山下晃

[有料会員限定]

「今年はもう終わり」。投資銀行の担当者はさじを投げる。パンデミック(世界的な大流行)に入った新型コロナウイルスはM&A(合併・買収)業界にも暗い影を落とす。企業との面談は相次ぎキャンセルされ、資産査定のための現場視察も難しくなっている。「年内の案件を新しく作り上げられない」という。2020年はM&A市場の縮小も避けられそうにない。

サプライチェーン(供給網)の寸断や需要の消失など新型コロナが産業界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン