/

この記事は会員限定です

「西洋絵画のワクワク伝える」大原美術館の大原理事長

(日経MJ・招き人)

[有料会員限定]

岡山県倉敷市の"顔"大原美術館が開館90周年を迎えた。戦前に実業家として活躍した創設者、大原孫三郎のひ孫で、館の理事長の大原あかねさんは就任4年目。経済を学び銀行勤務を経験した経済通だ。「全国で美術館がほとんどない時代に、泰西(西洋)絵画が倉敷にやってきた。そのワクワク感を伝えたい」と、大原家旧宅の特別公開や開館時がテーマの特別展などの準備を進める。

館内は本館(洋画)、分館(近現代アート)、工芸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン