麻生氏、市場動揺「いずれ収束」 経済対策での減税には慎重

税・予算
2020/3/13 12:13
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務相は13日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場の動揺について「企業は落ち着いている。(市場が)目先の話で右往左往している」と話したうえで、いずれは「収束方向に向かう」として沈静化を図った。

4月に検討予定の緊急経済対策で減税を求める声が与野党で出ていることに対し、麻生氏は「一律減税しても景気刺激策にはならない」として、給付措置の方が効果があるという考えを示した。

麻生氏は市場の動きには「コメントしない」としつつも、外国為替市場については円相場が対ドルで1ドル=105円前後で推移していることから「安定している」との認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]