/

新型コロナ「制御できる」、WHO事務局長

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は12日、世界で感染拡大が続く新型コロナウイルスについて「制御できるパンデミック(世界的な大流行)だ」と話した。封じ込め策を柱にした感染拡大防止や、治療に全力を注ぐよう改めて訴えた。

WHOのテドロス事務局長はウイルスの封じ込め策を続けるよう訴えた=ロイター

スイス・ジュネーブで各国政府向けに開いた新型コロナに関する説明会で語った。テドロス氏は11日にパンデミックと認定した理由について、感染スピードの速さや一部の国の不十分な対策への懸念を挙げた。一段の対策を促すメッセージとの見方を示し、「諦めてしまえば大きな問題を引き起こすことになる」と警鐘を鳴らした。

一般的にパンデミック宣言は封じ込めから影響の緩和に対策を移す時期のサインとされる。ただ、テドロス氏は「それは間違いで危険だ」と指摘。封じ込めを中心に総合的に対策を強化することが重要だとした。新型コロナは性質や感染の広がり方など不明なことが多く、各国は手探りの対策を続けている。テドロス氏はWHOはすべての国を支援する準備ができていると強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン