伝統野菜私がつなぐ 津波被害の農地、一から再建
ここで歩む

2020/3/13 11:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2月上旬、仙台湾から冷たい風が吹き付ける仙台市若林区荒浜。富山県出身の農家、平松希望さん(27)がぐっと手に力を込め、下半分が曲がったネギを土から取り上げた。仙台市の伝統野菜「曲がりネギ」だ。「土が軟らかいから機械を使わなくても引き抜ける」。東日本大震災後に内陸部に移住した元住民たちに、収穫した野菜を直接届けるのが日課だ。

仙台市中心部から東に約10キロの海岸沿いに位置する荒浜地区は2011年3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]