スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

「横綱大関」鶴竜、1敗で序盤乗り切る

2020/3/12 21:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飛行機事故が離着陸時に多いように、大相撲の波乱も場所の序盤と終盤に生まれやすい。だが3場所連続休場明けの鶴竜は、鬼門の序盤を1敗で乗り切った。

【白鵬・朝乃山が5連勝、貴景勝は3敗に 春場所5日目】

180キロ近い豊山を圧倒した。低い立ち合いから挟みつけるような突き放し。まわしにこだわらず勝負をつけた。「立ち合いから中に入れた。流れのいい相撲を取れた」

昨年7月の名古屋場所で6度目の優勝を飾った後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

稽古で四股を踏む貴景勝(14日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=日本相撲協会提供・共同

 4カ月ぶりに大相撲の本場所となる7月場所(19日初日・両国国技館)の開催が決まって一夜明けた14日、白鵬と鶴竜の両横綱、新大関朝乃山ら上位陣は稽古に励んだ。
 2度目のかど番で迎える大関貴景勝は東京都 …続き (14日 18:19)

 日本相撲協会は14日、4カ月ぶりの本場所となる大相撲7月場所(19日初日・両国国技館)の開催を告知する「御免札」を東京都墨田区の国技館正面に設置した。新型コロナウイルスの影響で5月の夏場所は中止。新 …続き (14日 12:35)

大相撲7月場所について協議する臨時理事会が開かれた両国国技館(13日午後、東京都墨田区)=共同

 大相撲7月場所が観客を入れて開催されることが決定した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観客を入れるのは半年ぶり。電話取材に応じた力士からは喜びの声が上がり、横綱白鵬は「お客さんが入るとやりがいが …続き (13日 21:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]