/

この記事は会員限定です

「横綱大関」鶴竜、1敗で序盤乗り切る

[有料会員限定]

飛行機事故が離着陸時に多いように、大相撲の波乱も場所の序盤と終盤に生まれやすい。だが3場所連続休場明けの鶴竜は、鬼門の序盤を1敗で乗り切った。

白鵬・朝乃山が5連勝、貴景勝は3敗に 春場所5日目

180キロ近い豊山を圧倒した。低い立ち合いから挟みつけるような突き放し。まわしにこだわらず勝負をつけた。「立ち合いから中に入れた。流れのいい相撲を取れた」

昨年7月の名古屋場所で6度目の優勝を飾った後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン