国際会議、テレビ形式で 人の往来制約に対応 課題も

2020/3/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

主要7カ国(G7)は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、24、25両日に予定していた外相会合をテレビ会議形式で開くと決めた。中止や延期とはせず、新型コロナへの対応策の協議を優先する。人の往来は制約されており、解決手段として国際会議をテレビ会議に変えて開催する動きが相次ぐ。

G7外相会合は米東部ペンシルベニア州ピッツバーグでの開催を計画していた。複数の日本外務省幹部は11日まで予定通り実施するとの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]