/

この記事は会員限定です

大阪市、ペットボトル全量再生に挑む 万博控えエコ深化

ウエーブ大阪

[有料会員限定]

大阪市や大阪府がペットボトルの新たなリサイクル手法の普及やプラごみ削減につながる技術開発に力を入れている。市民や企業を積極的に巻き込み、力を借りるのが大きな特徴だ。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に向けて、世界的な課題の解決に貢献する姿勢を打ち出す。環境先進都市として関連産業の創出や持続的な街づくりにつなげる。

11日早朝、大阪市鶴見区緑地域の住宅街。キャップやラベルを完全に取り除き、きれい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1249文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン