オンライン診療、特例で基準緩和 院内感染を抑制
岩盤規制見直しの一歩

2020/3/12 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で、世界的に医療提供体制の維持・確保が大きな課題となってきた。日本は病床の準備を急ぐほか、ビデオ通話によるオンライン診療を公的保険で認める基準を特例的に緩め、院内感染の防止も進める。かねての岩盤規制を見直す一歩になるが、国内でも感染者が増え続ける状況で現場の対応が追いつくかどうかも焦点になる。

政府は2月にまとめた新型コロナ対応の基本方針で、今後患者が大幅に増えた場合…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]