住友不動産、空き家をシェアハウスや民泊用に転換

2020/3/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友不動産は戸建ての空き家の活用に乗り出した。既存の戸建てをシェアハウスや民泊施設へ用途変更できるリフォームを受注する体制を整えた。近年空き家は増加しており、今後もこの傾向は継続する可能性がある。同社はリフォームの選択肢を広げて需要を取り込むほか、増加する空き家対策へ貢献する。

住友不動産はこれまで客の幅広い要望や条件に応じて戸建てやマンションで設備や内装、下地や配管・配線まで全てを解体して撤去…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]