「検察官逃げた」答弁で法相がおわび 首相は厳重注意
国会は一時空転

2020/3/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は12日、「東日本大震災の時に検察官は最初に逃げた」と国会で答弁した森雅子法相を首相官邸に呼び、厳重注意した。この後、記者団に「一層、緊張感を持って職務を果たしてもらいたい」と述べ、辞任は必要ないとの認識を示した。

国会での答弁を巡り、安倍首相から厳重注意を受けたことを明らかにし、頭を下げる森法相(12日、首相官邸)

森氏は首相との会談後、記者団に「法務省が確認した事実と異なる発言をした。不適切なものだったと真摯に反省している。発言を撤回し深くおわびする」と話した。

立憲民主党などが12日、森氏の答弁に反発して衆参両院の審議を拒否し、国会が空転した。予定していた衆院総務、農林水産、災害対策特別の各委員会や参院予算委員会などは開かなかった。新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を採決する衆院本会議については、開会が4時間近くずれ込み、同日夕になって立民などが出席した。

共産党の志位和夫委員長は12日の記者会見で「法相の資格はない」と辞任を求めた。公明党の北側一雄副代表は「反省し、しっかり法相としての職責を果たしてもらいたい」と指摘した。

森氏は9日の参院予算委で「東日本大震災の時、検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していない中で最初に逃げた。身柄拘束をしている十数人を理由なく釈放して逃げた」と答弁した。自民党が野党時代の2011年、森氏は震災を巡る国会質疑で質問者として同じ趣旨の発言をしていた。

11日の衆院法務委員会で立民の山尾志桜里氏が森氏の答弁を追及し、森氏は「『理由なく』と『逃げた』は個人的見解だ」と説明した。同日の参院予算委では「法相が(個人的な見解だと)事前に示すことなく申し上げたのは不適当で、撤回する」と答えた。立民などが答弁に反発し、衆院法務委と参院予算委は審議途中で散会した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]