花酵母で日本酒・ワインづくり 長野の西飯田酒造店
老舗の研究

2020/3/12 17:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西飯田酒造店(長野市)は江戸時代から続く老舗酒造だが、ワインの生産も長野県内でいち早く始めた。最初は日本酒づくりの技術を応用しながら手探りだったが、現在では主力商品の一つになっている。近年では様々な花からとれる酵母を使った日本酒・ワインづくりに力を入れ、差別化を図る。常に新たな味わいを求める姿勢が、消費者に新鮮さを与えてきた。

「新しいことしかしていない」。9代目の飯田一基社長は、同社の日本酒づ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]